学問・資格

日本文化の技術を身につけるって。。

H25年1月23日(水)大安 sun 定休日 2.8℃ ・ 8.4℃

新人着付けスタッフの練習、一生懸命覚えようとしている彼女たちを見ていると、ほんと、懐かしい。こーしてあーしてとアドバイスしても、なかなか理解できない。説明の仕方が下手なのかもしれない、でも違う。何度も何度も繰り返して、技術は体で覚えるしかないのです。あとはイメトレが重要で、私は頑張れ!と長期戦になっても本人が体の一部に技術が追いつくまで、パワーを送り続けるしかないのです。デビューが早いか遅いかは、本人次第。日本文化の技術を身につけるって、厳しいね。頑張れ!。

|

新人スタッフの着付けレッスン

H24年10月30日(火)赤口 cloud 10.5℃ ・ 16.9℃

今日は富士山も見えないでしょうね。箱根挙式、昨日で良かった!。今日は、ハクビ花嫁着付け専門学院卒業生2名の若手新人スタッフのレッスンをしました。可愛いです!。これから現場をビシバシと教え込みますよ、頑張ってついてきて下さいネ!。confident

|

ハクビ花嫁着付専門学院の生徒さんへ

H24年2月5日(日)友引 sun -0.3℃ ・ 9.7℃

私が着付け技術を学んだハクビ花嫁着付専門学院、近い将来のお仕事に携われることを希望して通われている生徒さんが、たくさんいらっしゃいます。今は和婚人気ですが、若いカップルさんは普通の結婚式を嫌い、ホテルや式場からも離れ、会場も自由に選べる時代になりました。技術を習得されても就職は難しく、式場は即戦力につながる技術者が欲しいのは、どこも同じようです。今は式場のプランではなく、手づくりの結婚式を理想としているカップルさんが増えています。また余分な出費を抑え、友人に手伝って頂くことで安くできる。プロデュース会社に高額を払うのは、ばかばかしい。桜ブライダルのように柔軟にアドバイスをして、実現できるようにサポートする業者を必要とされているように感じます。ハクビ花嫁着付専門学院の生徒さん!、卒業生の皆さん!、花嫁さんをつくることは素敵な仕事です。負けないで前向きに、花嫁さんの心のナビになってあげて下さい。 ナビの役割ができるまで期間はかかりますが、諦めずに新郎新婦の声や情報収集をすることで、前に進むはず。婚礼は技術だけ出来れば良し、ではありません。技術よりもマナーや責任感が大事、そこのところ勘違いされませんように。先日学院に伺い、生徒さんや卒業生のお役に立てればと、お話しをしてまいりました。質問や相談、いつでもメール相談下さい。応援しています。confident

|

一般向け、花嫁着付け講習について

H22年6月1日(火)仏滅 sun foot

6月に入りました。衣替えです。まだ冬物と夏物の入れ替えが出来ておらず、今週はお天気も安定のようです、入れ替えをしたいと思います。

ウエディング担当の服装は黒のスーツです。涼しい顔をしてお仕事されている方もいますが、私は着付けの仕事と同時にプランナーとしても動くため、涼しい顔ではできません。多くのゲストの皆さんの動き、新郎新婦の動き、進行に合わせるとバッティングの可能性が・・、頭の中は整理がつかず、そんな時スタッフの力は大きいと最近感じます。判断が下せない時、選択肢に迷っている間にスタッフが見かねて動いてくれる。本当にスタッフには感謝ですconfident。肩の力もス~っと抜けて楽になります。素晴らしいチームワーク、花嫁さまから嬉しい感想メールが頂けるくらいに、桜ブライダルはプロ集団として成長しています。

今月は秋の婚礼に向けての営業と、スタッフ技術の特訓の月になります。桜ブライダルは限りなく婚礼会場のエリアを広げて、もっと沢山の婚礼のサポートの準備をして提案してまいります。confident

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆

一般向けの花嫁着付け講習ですが、7月・8月・12月・1月・2月限定とさせて頂きます。ご希望の方は日程をお問い合わせ下さい。

|

女性が生き生きと働く姿、素敵!

H21年8月3日(月)赤口 cloudsun

昨日のある番組で、90歳の現役助産婦さんが出演していました。数万人の出産に立ち会ったとのことです。戦争でご主人を亡くしてから一人で生きてこられ、今では数万人のお孫さんがいるようで、少しも淋しくないと明るい表情でした。結婚式の日にご主人は戦争に行かれたようです。(涙)

80代のピアニストの女性、毎日確か8時間練習していたように記憶しています。大ベテランなのに、練習も毎日欠かさない。素晴らしい女性です。

最近、歳をとることが淋しく空しく感じるようになりました。80歳~90歳でも淋しいなんて思わなくても良い!、頑張ろうって感じさせる女性からの刺激を受けました。

|

花嫁着付け、教えます。

Dsc_6778

H21年2月24日(赤口) cloud

平成19年10月、箱根ぬくもり和婚式bellを実現されました、現在小田原近郊にお住まいの花嫁さん、ご自身の花嫁経験で着付けの世界に興味を持たれ、翌年からハルバル東京井の頭公園事務所まで、着付けを習いに月2~3回通ってきています。とてもチャーミングで頑張りやさん、昨日も1日練習日でした。翌年友人主体の披露パーティーをされて、二次会ではお祖母さまが仕立ててくれた訪問着を自分で着られたい希望があり、練習に通われたのがきっかけです。留袖着付けを経て、今では花嫁着付けを目標upに頑張っています。今週のダイヤモンド節目婚ring、現場研修の形で初めて現場に立ちます。

一般的に着付けを習うとなると花嫁まで出来るようになるまで、長い期間と費用がかかります。桜ブライダルの場合、やりたい項目を1日参加費用3千円でかつらの基本まで経験できます。スタッフ登録者だけではなく、一般の方も参加可能です。ヘアメイクさんが和装の技術を勉強されたい方もご参加下さい。お仕事に繋がるかどうかは適正もありますので、即仕事が出来ると考えられてしまうと困るのですが、厳しい婚礼現場適任者と判断させて頂いた時は、登録をお願いしています。花嫁さんと接して、お支度の手伝いをしたいと思われる純粋な気持ちの方、20代~50代の着付師さんを採用したいと考えています。風紀を乱す要素のある方は途中で参加をご遠慮頂く場合もございます。「婚礼現場の技術を習得したい意欲のある方」「趣味の方」「ご友人の着付けをしたいから!」の方、ご連絡下さい。

桜ブライダル HP  http://homepage2.nifty.com/sakura-bridal/

メール  sakura-bridal@nifty.com 担当/瀬野

|