ペット

金魚の姫が急死!

2016年11月24日(木)仏滅 snow cloud 0.4℃ ・ 7.8℃

11月に東京でsnow初雪は54年ぶり、積雪は観測史上初の雪、寒~い1日でした。背中にホッカイロを貼り過ごしやすかったですが、結露で3回も窓拭きをしました。

今年は極寒の冬になるのでしょうか。shocksweat01

昨日、金魚のマドンナの姫が急死しました。我が家で生まれて育ち、体が白でオレンジのヒレをしていたので姫と命名。3つある水槽の一つ、6匹中メスは姫のみで、最近では毎週産卵していたのですが、子供の頃から肺の働きが良くなく沈めない体で、産卵で5匹に追いかけられて大変そうでした。この水槽にはオスしかいないので、しばらく産卵は無しです。think

金魚も、優しい思いやりのある心を持っているんですよ。観察していると面白いです。今日は雪のため、明日お墓を作ります。despairsweat02

mailtoweddingお問い合わせは桜ブライダルまで
sakura-bridal@nifty.com

HP・アメブロも訪問してみて下さいね。

何かflairヒントが見つかるかも?。

http://sakura-bridal.sweet.coocan.jp

http://ameblo.jp/wedding-yarubeki/

| | コメント (0)

金魚のギャングが居なくなったとたんに、・・・

2016年7月26日(火)仏滅 cloudrain 23.5℃ ・ 27.5℃

ギャングが居なくなってから2匹の金魚は、早速産卵。追いかけっこで、仲間入りしたチビ4匹が大変です(笑)。沢山卵を産みました。ボスのギャングが居る時は、遠慮していたのかな。

金魚の生態って、面白いです !!!

23日に、自宅マンションの植え込みにギャングのお墓を作りました。

土を掘り埋めて土をかぶせ、水槽に入れていたオハジキ3個をのせて、軽く落ち葉をかけて隠しておいたのに、植木業者がきて草むしりや落ち葉を綺麗に掃除してしまいました。(>_<)sweat02

オハジキ3個、土の上に散乱。

ギャング、ごめんね!(泣)。

| | コメント (0)

金魚のギャングが突然死

2016年7月23日(土)先勝 cloud

ガン末期だった金魚のギャング、朝は泳いでいたのに・・・。ブログを書いている間に、突然逝ってしまいました。shock

20160723_3

昨日水替えをしたのに、今朝濁っている水槽を見ておかしいなと思っていた矢先の突然死。水も異臭が凄い。先日水替えした翌日なのに水が少し赤く、赤く腫れあがっていたガンから出血したんだって思いました。ゆっくり休んでネ、思い出を有難う。

お墓、作るね!。sadsweat02

201607232_3


金魚の生態は面白いのですが、猿山のようにボスがいて、ボスの躾で如何様にでも水槽の社会が変わるんです。臆病で健康な2匹からボスのギャングが居なくなって、これからはこの2匹、初代の太郎と花子のようになってくれればいいなって思います。オスとメスならばですが(笑)。

でもやはり寂しいと思うので、ペットボトル水槽のチビッコ金魚4匹を仲間に入れてあげました。新たなボス、どんな社会に変わっていくんだろう?confident、楽しみです。

heart04仲良くしてネ !!!

| | コメント (0)

金魚の産卵、追いかけっこに大迷惑?

2016年3月9日(水)友引 定休日 cloudrain 3.6℃ ・ 15.2℃

久しぶりに我が家の金魚ちゃんの話、朝から追いかけっこで産卵真っ最中dash。水槽の水替えの日だったけど、heart04 お邪魔になるので明日に変更。confident

ごはん(餌)補給、deliciousもぐもぐしながら追いかけっこ。姫を4匹が追いかけまわして産卵を促している。可愛いです。

同じ水槽の中に、年老いたコブちゃんがいます。最近、沈んだまま水面の餌が食べられず、沈むタイプの餌を落としてはいますが、ほんの少しで食が細くなりました。今日は底についた卵を食べられて栄養満点、追いかけっこが迷惑そうでも下に付いた卵をdeliciousパクパク。

昨日は春のtulipポカポカ陽気でしたのに、今日は冬に逆戻りの冷たい雨。スタッフの着付け練習で、室内は窓ガラスが白くなるほどに燃えてdash温かかったです。

自主練、頑張りましょうね~happy01

|

金魚の産卵、立ち合い?

2016年1月22日(金)赤口 sun 2.3℃ ・ 9.1℃

今月3日の産卵に引き続き

何やらやかましい、追いかけっこが始まった

可愛い金魚たち、冬なのに産卵2回目

水槽の中はラブラブ ~heart04、可愛いです!lovely

可愛いです。

|

金魚、花子の生涯にピリオド

H26年6月12日(木)先勝 raincloudsprinklecloud 20.3℃ ・ 23.9℃

明日は花子の1番目の夫、「太郎」の3年目の命日でした。ブログ(ペット)を読み返し、思い出しました。振り返り、生き生きとした写真を久しぶりに見て懐かしく、涙が出てきました。目の動かし方でウインク、まばたきをしているようにも見えるまんまる目の花子(小倉優子似)、親ばかでしょうか、頭にリボンをしたいほど可愛い花子でした。太郎は首に蝶タイ。そんなことを思い出しました。confident

201406073

↑何度もチョースケから 「どうした、しっかりしろ!」 とぶつかり励まされ、正面から突進してキスしたり。花子も応えようと頑張ったけれど、今日は朝から体力もなく動かされるままでした。そして私が夕方帰宅するのを待ってくれていたかのように、最後は前ヒレを大きく振り、ありがとう~って。(涙)

その直後、太郎に招かれるように花子は逝ってしまいました。

Sanranhanakochosuke Sanranhanakochosuke2_2

(昨年3月産卵の瞬間写真)

↑花子とチョースケの産卵写真、花子は2回目の恋heart04です。太郎が他界して、淋しい花子に若いチョースケを一緒にしました。でも花子は、人間で言えば40歳以上なのかな。卵も太郎の頃から比べて少なく、卵も元気なかったのかもしれません。

初めて我が家に来たのは、たぶん11年前?それ以上かも?の結婚記念日(子供の日の5月5日)でした。西友で子供向けの金魚の売れ残り一袋(5匹)を買って、我が家の家族になった太郎と花子でした。他の3匹は間もなく死んでしまいました。お祭り屋台の金魚すくいくらいの大きさでした。育つ過程でハの字シンクロの技も覚えて、ごはん頂戴!もしましたよね。仲の良い太郎と花子は、沢山の卵を産んでくれました。でも未熟な私達は稚魚を育てることがまだ素人で、太郎と花子の子孫を残すことができませんでした。今となれば、一番悔いが残っています。でもブログによれば、昨年の3月に久しぶりに花子が産卵しているので(写真の床の卵、ご覧下さい)、今、4cmくらいに成長している5匹が、花子とチョースケの子供であるかもしれません。同時期に別の水槽のエラ子とギャングの病棟水槽も産卵して、同じ水槽で一緒に孵していた時期があったので、そちらの子かもしれません。でも花子の子供であると思いながら、これから育てていきます。

6時過ぎると朝ですよ~と、パク・・パクって音を立てて起こしてくれたのは、花子です。花子には腹時計があって、ごはん頂戴!の催促の時間なんです。その時のフリフリダンスも可愛いかったです。目はパッチリでも寝ている時と起きている時の、顔の表情の違いも教えてくれました。寝ている時は無表情でボ~っと泳ぎ、起きている時は生き生き顔で気持ち良さそうに泳いでいました。

小さな金魚同士、それぞれ性格も違い相性もあるし、愛もあれば思いやりもある。それは10年以上、水質悪化しないように頻繁に水換えをしたり、ご飯の世話をしている家族だから見えるのかもしれません。人や犬や猫だけではなく、どんな生き物の命でも、家族として大きな愛情で育てれば、心は通うはず。それを教えてくれたのが、花子です。

花子は、太郎とチョースケと過ごして幸せでした。

長い間、楽しい時間をありがとう。(涙)

|

金魚の花子おばあちゃん、続報です。

H26年6月11日(水)赤口 cloudrain 定休日 foot 20℃ ・ 23.8℃

金魚の花子おばあちゃん、具合が悪くなってから1週間が経ちました。餌も食べられず泳ぐこともできず、相棒のチョースケから促されながら水槽の底を滑るように移動している程度です。眼もうっすら見えるのか、気配を感じる程度なのかもしれません。覗くと体を動かし、口をパクパク開けて、時には大きなアクビをする姿は切ないです。奇跡はやはり無理のようで、体全身が病的で痩せてきて横になっている。人間と同じくベットに寝たきり状態の人と似ています。最後なのかもしれないと思い、餌を口に入れて食べさせてあげました。そうこうしているうちに、背びれが溶けてきました。花子に明日はあるのかな、明日起きたら花子は・・・。(悲)

|

金魚の花子おばあちゃん

H26年6月4日(水)大安 suncloud 定休日 foot 19.8℃ ・ 29.5℃

今日は定休日なので、プライベートのお話をします。

一昨日あたりから、年老いた金魚の花子の様子が老衰のようで、恐れていたこの日が来たんだ、そのような状況です。両目が白内障、たぶん眼も見えていないと思います。内臓の働きが悪いせいか腸が詰まって仰向け、浮遊し逆さまになって静かに口をパクパクして呼吸している花子に、同居のチョースケやコブが、どうした?大丈夫か?って突いてみたり気にかけている様子を見ると、こちらもツライです。花子は十数年前から我が家の家族として、共に生きてきました。何度も病気にかかり奇跡が起きたので、今回もと思いたいけれど老衰では仕方が無い。ガンバラなくていいよと声をかける自分が、切なく悲しいです。今回も奇跡が起きたら嬉しいけれど、眼が見えない毎日を過ごすのも切ない。2年前くらいに亡くなった相方の太郎も同じように、逆さまになって数日後に死にました。太郎のもとに花子は、行ってしまうのかな。いつもにはない、花子に寄り添って看病しているチョースケとコブ、切ないです。

小さな金魚にも、思いやる心はあるんですよ!。think

|

金魚の花子、復活!

H26年4月6日(日)先負 suncloudrainthundersuncloud 5.4℃ ・ 13.7℃

ご心配おかけしました我が家の金魚の花子、病気も治り花子スマイル復活です。両目の白内障は仕方のないことですが、見えるように生き生きした表情は以前と変わらずです。可愛い花子おばあちゃん復活!、良かった!!confident。先日私の母が白内障の手術をしました。お陰様で見えるようになりました。人間ならば手術で治るけど、魚の世界はどうにもならず(>_<)。奇跡が起きて良かった!confident

色んな結婚式へのご希望があります。それぞれのこうしたい!が実現できるように、今日も2組打ち合わせをさせて頂きました。confident

|

金魚の花子が老衰で白内障

H26年4月3日(木)赤口 rain 11.7℃ ・ 13.6℃

満開の桜、今日は花散らしの雨の一日でした。明日は気温も上がり、土日は花吹雪でしょうね。

3月30日頃から、金魚の花子が様子がおかしい。10年以上も我が家の大事な家族の一員として笑顔を振りまいていた花子の目も白内障になり、ついに両目が白内障になりました。見えているのか?わかりません。肌の状態も良くない。ひれも切れて部分的に溶けてしまいました。先月末まで、会話も出来ていたのに(涙)。老いるってこういうことですよね。人も同じ。今回ばかりは奇跡は起きないかもしれません。老衰は仕方のないことなので・・・。think

|