« 生命の危機から奇跡の回復をした母 | トップページ | 母と一緒に桜の木の下で花見・・・ »

火葬の母の陽炎

2016年3月30日(水)大安 cloudsun 9℃ ・20.1℃

訪問して頂いたのに、ブログ更新できておらず、申し訳ございませんでした。

看病から悲しみにドップリ浸かり、今日は何日?何曜日?と、判断もつかない2週間を過ごしておりました。

亡くなり家に戻った母、父は布団を並べ2晩眠りました。1日目は眠れず、母との思い出を振り返っていたそうです。2晩目は少し眠れたようでした。

昨日火葬に入り、皆さんが控え室に入り終わったにも関わらず、父の姿がなく探していましたら、煙草を吸いながら陽炎を見ていたとのこと。今は煙を出さないようで、木々がゆらゆら揺れるのを見届けていたと言います。みんなが待っていると告げても、陽炎を見てからと。80歳の父の背中を見ていると泣けてきました。60年、いろいろ振り返っていたのでしょう。

こればかりは、慣れたくないですねsweat02

 

mailtoweddingお問い合わせは桜ブライダルまで
sakura-bridal@nifty.com

HP・アメブロも訪問してみて下さいね。何かflairヒントが見つかるかも?。

http://homepage2.nifty.com/sakura-bridal/

http://ameblo.jp/wedding-yarubeki/

|

« 生命の危機から奇跡の回復をした母 | トップページ | 母と一緒に桜の木の下で花見・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生命の危機から奇跡の回復をした母 | トップページ | 母と一緒に桜の木の下で花見・・・ »