« 冬の結婚式は冷える足を温かく工夫 & 季節ごとの天候対策アドバイス | トップページ | 2月14日バレンタイン、箱根の宿は空きがない! »

金魚なのに人間のような感情が・・。

2009年2月10日(火)仏滅 sun

我が家の可愛い~ペットたち、和金・流金・キャラコ流金・出目金の10匹を紹介致します。Kingyo3_2

6年前?の子供の日(結婚記念日)の夜、西友にお買い物に行った時のこと。売れ残りの和金5匹が小さなビニール袋に入れられていて、このままでは死んでしまうと値切って買いました。初めての飼育で結果長生きしている2匹の太郎と花子、それはそれは可愛いです。

太郎はとても思いやりのある子。花Kingyo4子が病気のとき、花子に寄り添い看病したり、どうしたんだ!泳いで!と花子のお腹の下に頭を入れて泳がせようとする。からだは鉛のように重いようで、浮いてはド~ンcryingと落ちる。太郎は元気なのに食欲も落ちて、エサをあげようとしても食べに上がってこない。気遣いがたまらなく伝わってくる(涙)。こんなとき不思議ですが塩を入れると元気になる。全身白い粉がふいたようになっても、オデキのようなものが体内で赤く腫れていても、ひれが内出血しても、塩で何とか乗り越えられる。花子は最近病気がち。そのたびに太郎が看病。元気な時は嬉しそうに金魚運動して、ひれをフリフリして「パクパク!」と煩いくらい音を立てて呼ぶ。単純にエサが目的なんだけど、どうしたの?と指先をひれのように動かして語りかけると、花子は上下に頭を振って何かしゃべる。一応会話が成立している(笑)。本当よsign01happy01。太郎も左右に頭を振って何か伝えてくる。不思議な金魚夫婦です。ごはんいるの?とまんまる目を見て話しかけると、花子は上下に頭を振るけど、太郎は横に頭を振る(笑)。太郎はいらないんだぁ~って、冗談も楽しい。happy01

Akaten_2

流金・キャラコ流金・出目金はお祭りの金魚すくいで我が家の子になりました。出目金のクロちゃんは流金のアカテンの下敷きになって見えにくいですが、 和金とまではいかないけど同じように会話ができる。アカテンはひれが溶ける病気になった経験がある。ひれの半分も溶け落ちて情けないからだになりました。でも塩で立派に治りました。本当に塩のマジックってスゴイsign03 以前よりも長いひれに成長しています。キャラコ流金のブーチャンはマイペース。3匹の中では一番賢い。オスが一番華やかなアカテン、メスがブーチャンと出目金、まるで見た目逆で面白いキャラクターです。

3匹ともマイペース、ブーチャン以外は食べ過ぎると沈むことができなくて浮いてしまう。お腹空いてるときは地べたに力尽きたように寝ている。普通は優雅に大きなひれをなびかせて泳いでいるか、寝る時もひれの先をついたてのようにして寝る。エサをあげるとコリコリと音をたてて食べる。それが聞こえるので楽しい。良くかんで食べてね。

Kingyo1_4 金魚は大きなあくびをします。口が前に大きく伸びるので面白い。頭が眠っているときは、目だけは動くけど無表情。ツン!ていう感じ。目が覚めたとき、人間と同じような驚きがある。水槽の前で観察すると、いろんな表情をするのでとても癒されます。

Kingyo6 和金5匹のチビは実家の金魚と買ってきた金魚です。太郎と花子はたくさん卵を産んだけど、生まれても飼育が水槽では難しくて育てることができませんでした。我が家の可愛いペット、水槽3つ水換えも大変!でも一週間に一度のペースで換えています。これは主人が担当で~す。

Kingyo7

出目金のクロちゃんは、シルエットでお楽しみください。happy01

我が家の可愛いペットのお話でした。時々登場しますので、金魚愛好家の方も、またのご訪問をお待ちしております。

|

« 冬の結婚式は冷える足を温かく工夫 & 季節ごとの天候対策アドバイス | トップページ | 2月14日バレンタイン、箱根の宿は空きがない! »

ペット」カテゴリの記事